スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりにブログを更新、最近地球がエレー事になってますが・・・。

色々と最近忙しくブログの更新を怠っていました。

いや、貧乏暇なしとはよく言ったものです。


個人的に座布団三枚進呈して進ぜよう。


そして個人的な事情などお構いなく世界は日々動いておるわけですが、

最近、その日常を脅かすようなニュースが異常なくらい飛び込んできています。

先週、ブログにご紹介した惑星ニビルに次いで、

ここに来てエレーニン彗星という彗星がクローズアップされています。


このエレーニン彗星は直径3キロ程度の彗星で、

その軌道から少なくと3,500万キロ程地球から離れた所を通過し、

その質量からも重力干渉が起こる事はまず無い筈なので無害な彗星と予想しておりましたが、

ここに来て予想の斜め上より更に上をいく展開が待っていました。

なんとこのエレーニン彗星、ここに来て宇宙船もしくは宇宙船が潜んでいるのではという疑惑が持ち上がっているのですよ。

下記がその記事のコピーになります。




2010年12月10日、ロシアのLeonid Elenin氏によって発見された新彗星「エレーニン彗星」に関してだが、この彗星、現在太陽系の中心に接近中で、2011年10月16日に地球から約3,500万kmの距離まで最接近すると予測されているという。

エレーニン彗星は比較的小さい彗星で、氷がゆるく固まった密度のガス状の物体だし、接近するといっても3,500万km先ならば、彗星が地球に及ぼす影響なんてあるかないかくらいなものなので、まったく心配する必要はないわけなのだが、この彗星が実は宇宙船であるとしたら話は別だ。我々の英知を超えた予測できない影響を及ぼすに違いないのだが、そんなとんでも説が海外のサイトに特集されていた。

 この記事によると、エレーニン彗星が謎の4面体のシールドによって守られているというのだ。これは太陽系接近に伴い、太陽から発せられる放射線を防ぐシールドの可能性があるという。

それだけではない。カリフォルニア州のUSC電波望遠鏡が、ここ数日間、エレーニン彗星のトランジットエリアから発せられる謎の無線信号を受信したという。発せられるパルスには驚くべきものがあり、現在専門家らがこの信号を解析中だそうだが、シールドと信号という2つの現象から、エレーニン彗星の内部には宇宙船が潜んでいるのでは?という説が浮上したのだ。

http://thetruthbehindthescenes.wordpress.com/2011/08/31/elenin-protected-by-a-tetrahedral-shield/




ニュースソースは上記の海外のサイトになります。

エレーニン彗星から送られてきているという無線信号を僕が試聴した感想としては、

確かに規則性があり何らかのメッセージのようにも聞こえます。

個人的にはロシア語の海賊放送のような雰囲気だなと思いましたが、

海外の友人はシュメール語では無いかと根拠無く言っておりますが、

言語としての法則性のようなものを感じるという点では同意見でした。

興味のある方はぜひリンク先で試聴してみて下さい。

下手な怪談話より涼しくなれると思いますよ。

fbd4009b.jpg

そしてこれがエレーニン彗星の実際の画像です。

彗星の周りにボンヤリ霞んで見えるものがシールド状の何かなのでしょうか、

判断するには不鮮明すぎるとは思いますが、

無線信号と併せて考えると不吉なものを感じてしまいます。

それ程この無線信号が不気味なのです。


僕には殺る気満々のプレデター似のエイリアンが、

今から狩りにに行くから地球人ども、大人しく待っていろ!

みたいな挑戦信号をトゲトゲした宇宙船からガンガン発しながら、

ひたすら地球を目指して来ているように思えてしまい……。

具体的には、船内では血気にはやる狩人達が、槍のような武器をせっせと研ぎながら狩りの期待に舌なめずりしている妄想映像が3Dで展開される程でした。



ここで、あえて言うなら、

いや一度は言いたかったあのセリフ・・・・・。

言わせて下さい。


《地球は狙われている!!》・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・かもしれない。

スポンサーサイト

惑星ニビル?

最近、気になる記事をネット上で見かけるようになりました。

謎の惑星ニビルが地球に接近しているというのです。

その惑星ニビルは赤外線でしか見ることが出来ない目に見えない惑星だというのです。

なんじゃそりゃーとお思いの方も多いでしょう。

かくいう僕もそうです。

しかし、ワシントンポスト誌とかがまともに取り上げている事からかなりの真実みもあるような気がします。

3d1b298e_convert_20110822033824.jpg

と言っても、大人の事情とかいうやつで、

散々情報操作の感のある宇宙関係の情報は何が真実なのかさっぱりですが、

しかし、謎があればコナン君でなくとも好奇心がうずくというものです。

nibiru-planet-of-crossing_convert_20110822033937.jpg

惑星ニビルで検索してもらえれば、その座標すら分かる事から信憑性もかなりありそう?


そして惑星の有無の真偽よりも、気になるのは地球への影響という事になります。

下記はその記事の紹介になります。



■惑星二ビルは太陽系の惑星で、超長楕円軌道で太陽の周りを回っている。

別名:プラネットX(Xは数字の10番目の意味)という。

NASAが惑星ニビルを発見しアメリカのワシントンポスト紙が「地球衛星軌道を周回中のIRASがオリオン座の方角に巨大な天体を発見」と報じた。

さらに、NASAが惑星Xとして冥王星の彼方に惑星がある可能性を公表、

この惑星は冥王星の彼方にある事から超冥王星と更に進み、

天王星と海王星の軌道に揺らぎを認め冥王星に惑星X(10番目)の存在が明らかに。

惑星Xは木星と同じ位の大きさで1000年以上の公転周期が確認された。

惑星ニビルは3600年周期で太陽系に交差する。

シュメール語でニビルは交差する意味だ。




し、知らなんだ。

しかも古代人の遺跡に残された記述にも惑星ニビルが出てくるそうな。

そして惑星ニビルが最接近するのは今年の9月11日らしい。

運命的なものを感じてしまう9.11

思えばあの時も、たまたま深夜にニュースで飛行機が貿易センタービルに突っ込むのを見ていました。

その時、まず思ったことは非現実的な映像だなという事と、

この映像は絶対的におかしいという2点でした。


僕は昔、仕事の関係で建築を少しかじった事があり、

ビルの崩れ方に即座に疑問を持ちました。


絶対あんな崩れ方はしないと断言できる程にそれは不自然な崩れ方で、


まるでそれは廃ビルの爆破処理のような崩れ方としか言いようのないものでした。


以後、知人の高名な建築家の方にも意見を求めましたが、同意見でした。

さまざまな事情で戦争をしたい人達がいて、

反テロという名目が欲しかったのでしょうが、

余りにもお粗末というか、こんなレベルで情報操作できるの?

と思っていましたが、今や史実としてテロという事になっています。


貿易センタービルで仕事をしていたお偉方だけが、

何故か全員同時に偶然休暇を取っていて無事とかツッコミ所も満載なあの事件。

それに物的証拠になるビルの鉄骨が全部紛失して行方不明になるとか、

そもそもテロ組織にそんな事が出来る筈もなく、
(厳重な管理下で、しかも鉄骨何トンあると思うの?)

状況からも、

然るべき国家の然るべき組織が関与しなければ、

実行不可能なことぐらい子供でも分かる筈なのですが、



いずれにせよ、

今回の情報にどのような意図があるのか慎重に見極めなければならないでしょう。


その情報の中に木星の四倍の質量を惑星ニビルは有しているとあります。

不可視な上にその質量、そんなものが太陽系内に進入して、

9月11日に最接近するとなれば、

重力干渉で地球に影響が出ない筈もなく、

自転はおろか、公転軌道まで変わってしまう筈なのですが、


上記の記事でも、天王星と海王星の軌道に揺らぎ(控えめに表現)が認められたとあります。

つまり既に太陽系の外周に存在する惑星の軌道が変わっている事をそれは示唆しているとしたら、

それはとんでもない一大事という事になります。



まあ、それもこの情報が真実なら、…ですが、

だとしても、今回、この情報を流した裏にも何らかの意図がある筈ですので要注意が必要でしょう。


…さてここで問題です。

本文中で゛筈゛という不確かな単語は何回使われたでしょうか?






先日、THE RITEを見た。

先日、映画"THE RITE"を見ました。

アンソニー・ホプキンス主演のエクソシストを題材にした作品です。


作品の出だしで、事実を元に作られているとの注釈が入りました。


僕は単なる恐怖映画かと思っておりましたので、はてな?な感じでした。


そして作中にさらりと述べられた近年ヴァチカンに悪魔憑きの報告が50万件も寄せられているというくだり。

す、凄すぎる。

ま、馬、真、真、間、魔、マジで!!

それが真実なら世の中悪魔で溢れてるって事なの?

どうりで神様サイドの僕には住みにくい世の中だと思った。


ここで、痛烈なツッコミが入っていくる事はお見通し、

ふっふっふっ、神様サイドの僕には未来が見えるからね。


神様サイドと言っても貧乏神のお気に入りって事だけどね。

はっーはっはっはっはっ!!!

はぁ~っ。


誰か神祓いお願いします。

切に願う。


リアルなオチとしてはこんなものですが、映画の内容は色んな意味でショッキング。

エクソシストであるはずのアンソニー・ホプキンスが悪魔に取り憑かれてしまったり、

死んだ父親から電話が掛かってきたりと、

怪談ネタとしては手あかに塗れた感すら漂う作品に仕上がっていました。


だが、アンソニーの怪演に注目。


何より顔が素で怖い。


その彼が神様ーどうかお助けーとか言って磔のポーズをとったと思ったら、

そのまま背後に無理矢理手をストレッチ!!


い、痛!!それは痛烈に痛いに決まっている!!

技の名前は多分悪魔固め。


それは神様にレスキュー要請も出てまうわ!!

そして、話のキモは悪魔を信じない者には悪魔を退ける事が出来ないという事!!


この構図に疑問を持った方は大勢いたと思います。

悪魔の存在を信じる事が出来たから、

その流れで神の存在も信じる事が出来た。

悪魔が存在するのなら神様も存在するだろうという理屈。

だから神を信じた神父の言葉に力が宿り、

同じ祈りでも悪魔にダメージを与えて祓う事が出来るというものだ。



作中に神父が悪魔に問う。

何が望みだと、



悪魔は人間を苦しめ地獄に連れて行くような内容を答える。


それって悪魔に何のメリットが?


なにそれ?その構図根本からヘンじゃない。


まるで○○詐欺!!


その根底に透けて見えるのは神様の布教活動としか思えない嫌な構図。



昔、む~かし。神様を信じない村人達の元に悪魔が登場。


さんざん悪さして悪魔の存在を嫌と言うほどアビール!!


悪魔が存在するなら神も存在するのでは?


不信心な村人達の心にも信心が芽生え、次第に神を信じるようになる。


信仰の力を取り戻した人の心の力に悪魔は退散!!


人である神父は作中さんざん言っていた自分は無力だと。


なのに超常の力すら見せびらかす悪魔が、

無力な筈の人の言葉だけで退散してしまう。

滑稽としか思えない一幕、喜劇である。


この世には悲劇の仮面を無理矢理被せた喜劇に満ち溢れているというのか!!

何それ、である。


陰謀説は数あれど、陰謀の中心にいるのは一番得をした者というのが通説。


黒幕は神様ってことなの?

まさしく一度も舞台に登場しない徹底ぶり、やはり黒幕はあなた様なの?

そろそろ表に出て釈明会見を開いて欲しいものである。



意図しているのか、作品の最後の方で古い壊れたバイクを前に、

若い頃イタリア中を走り回っていたと新米神父に話しているシーンは、

映画、世界最速のインディアンのバート・マンローを彷彿させニヤリとさせられましたけど。
















夕暮れの公園と蝉の抜け殻。

013_convert_20110813185023.jpg

タイトルはずばり『夕暮れの公園と蝉の抜け殻』なんか小説のタイトルのようです。

内容は夕暮れ時の公園で蝉の抜け殻を発見したので、

取り敢えず写真を撮ったというだけのしょうもない内容です。

あしからず。

東京でも町田市は隣のトトロの舞台になっている程以外と緑が多い所です。

サツキとメイの母親が入院していたとされる七国山病院は実際にあったかどうか分かりませんが、

今でも七国山という地名は残っています。

古道散策として七国山の鎌倉街道跡など有名です。

004_convert_20110813185143.jpg
ピンぼけで蝉の抜け殻としか認識出来ない写真で申し訳ない。


全く七国山とは関係ありませんが、

近くにも自然・歴史環境保全地域に指定されている場所も多く緑が適度に豊かです。

012_convert_20110813185101.jpg

自然と人間の生活域が絶妙にバランスしている地域だと思われますので、

願わくばその均衡を保って、

この先もずっと住みよい場所であって欲しいものです。

花の命は案外長い?まだ咲いています。

016_convert_20110813171327.jpg

夕暮れ時に映える熱帯植物を思わせるオレンジの花。

梅雨時にトロピカルサンセットと命名した謎の花。
 (恥ずかしながら未だに名前が分からない)

既に一ヶ月以上花を咲かせ続けています。

花の命は案外長かった。



それにしても最近スコールのようなゲリラ豪雨とか、

千葉県でマンゴーやドラゴンフルーツが栽培されるようになっり、

確実に亜熱帯化しているような気がします。


実感したのは、知人宅のキュウイフルーツの収穫量が年々増えているとか、

他にも近所にシダ植物が異常繁茂している区画が拡大していたりとか、

目に見える部分でこれだけはっきりと違いが分かるくらいだから、

知らないところでは事態はもっと進行している可能性も……。



原因として人間がCO2を排出し続けたせいで温暖化しているという説もありますが、

僕としては火星の極点の氷が溶けているらしいというNASA情報から、

太陽の異常活動によるものだという説が一番しっくりきます。


地球のCO2排出が火星に影響するはずもなく、
(太陽からは地球より火星の方が遠い事にも注目)

そもそも太陽が異常な活動期に入っているという報告もありますが、

そのサイクルも人間が観測し始めてからの範囲での事ですので、

長いスパンで見れば案外規則的にサイクルしているのかもしれません。


加えて化石とか個人的に収集していたりしますので、

地質学にも多少詳しくもなっていることから、

次のことも推測できます。


分かりやすいところでは、縄文時代の地層を見てみると、

三陸方面まで珊瑚礁が広がっていた痕跡を確認できます。



上記の理由から、本州の殆どが沖縄のような気候であった可能性もあるわけです。

当然、内燃機関も無い時代ですのでやはり太陽が関係していたとしか思えませんよね。


謎の花の話から順調に脱線しましたが、


特にCO2排出を推奨しているわけではありませんので誤解なきようお願いします。








フリーエリア

フリーエリア
プロフィール

morimajiro

Author:morimajiro
心と体に有益と思われる情報をご紹介していきます。
日々の出来事。
趣味の化石やオートバイ、その他諸々の紹介等もやります。

フリーエリア
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
あし@
有り難い訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
相互リンク申請

相互リンク申請

QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。